サバイバル・ウェディング ネタバレと原作のあらすじ。結末は波瑠が結婚?

この記事には『サバイバル・ウェディング』原作小説の内容と結末のネタバレが含まれます。

ドラマ『サバイバル・ウェディング』の原作のあらすじと最終回までのネタバレをご紹介します。

仕事と婚約者を同時に失ったアラサー女性が、新たな幸せをゲットするために突きつけられた『半年以内に相手を見つけて結婚しろ』という無理難題なミッション…!

恋愛を指南してくれるのは、人気ファッション誌の濃すぎる編集長!アラサー女性がプライドをズタボロにされながら、幸せをつかむために奮闘するサバイバル・ラブコメディです♪

スポンサーリンク

サバイバル・ウェディング 原作はこんなストーリー

原作は作家・大橋弘祐氏が手がけた小説『サバイバル・ウェディング』。40代のファッション誌編集長が、30歳を迎える部下の女性に『結婚する方法』をアドバイスしていくというストーリー展開になっています。

サバイバル・ウェディング原作

婚約者の浮気が発覚したヒロイン・さやか(波瑠)は仕事も彼氏も失いドン底状態…。しかし生きるためには仕事をしないといけません。一度は辞めた出版社に復職を申し出ると、紹介されたのが『riz』というファッション誌。上司となった編集長・宇佐美(伊勢谷友介)は『復職する条件として、半年以内に結婚しろ』と司令を出してきます。

『日本で一番恋愛に詳しいのは俺だ!』

マニアックすぎるファッションの知識を交えた圧倒的説得力で『結婚する方法』をさやかに伝授する宇佐美。(ちなみに宇佐美は独身^^;)時に受ける謎すぎるアドバイスに困惑するさやかですが、幸せを手にするため仕事と恋に奮起します。

爆笑必死の濃すぎるキャラ・宇佐美。とことん嫌味な上司ですが、結末は涙なくしては見られません!

サバイバル・ウェディング ネタバレと原作あらすじ

サバイバル・ウェディング ネタバレあらすじ

2018年7月スタートのドラマ『サバイバルウェディング』原作小説のあらすじと最終回結末をご紹介します。※ネタバレが含まれるので内容を知りたくない方はご注意ください。

【登場人物】
黒木さやか
(波瑠)…29歳。婚約者・和也の浮気が発覚し結婚が白紙に。仕事を得るためファッション誌『riz』で研修をはじめるが…。
宇佐美博人
(伊勢谷友介)…41歳。『riz』の敏腕編集長。さやかに『結婚する方法』を伝授する。
柏木祐一
(吉沢亮)…27歳。広告代理店勤務。さやかに一目惚れされる。真面目だが熱い男。父は大手広告会社社長。
石橋和也
(風間俊介)…31歳。さやかと婚約していたが浮気が発覚。
三浦多香子
(高橋メアリージュン)…29歳。さやかの同期で良き相談相手。

参考:サバイバル・ウェディング 公式サイト

仕事と婚約者を失ったさやか!

黒木さやか(波瑠)は婚約者・和也(風間俊介)のベッドから見慣れない下着を見つける。『き、君へのプレゼントだよ』と苦しい言い訳をする和也だったが、明らかにウソ!和也は浮気をしていたのだ。

ショックをうけるさやかだったが、挙式はすでに決まっており、すでに仕事もやめている…。いまさら結婚をふいにする気はない。謝ってくれれば許そうと考えていた。しかし…

和也はまさかの結婚取りやめを訴えてきた!どうやら結婚結婚!と迫ってくるさやかが『重かった』らしい。

呆然と彼のマンションを出るさやか…。30歳まであと3ヶ月。彼氏も仕事も結婚も、全て失ってしまった…。

ネタバレ:さやかは尽くす人。

さやか(波瑠)は交際相手の和也の家に電車で一時間かけて行き家事をしたり、婦人警官好きな和也のためにコスプレもしてあげていた。

rizで働くことになったさやか

すべてを失ったさやかにさらなる悲劇が襲う。金がないのだ!貯金はオーダーメイドのウェディングドレスと独身最後の記念として行ったインド旅行で使い果たしてしまった。このままでは来月の家賃も払えない…。

さやかは覚悟を決め、退職願を出した出版社の上司・原田に復職を申し出た。しかしすでに後任らしき女子社員が働いており、さやかの居場所は無い…。

すると元上司の原田は『riz』というファッション誌の編集部を紹介してくれた。さやかに選択の余地はなく、ここで働くことになった。

ネタバレ:さやかは『週刊エッジ』でビジネスマン向けのB級グルメ企画を担当していた。『riz』は30代女性をターゲットにした総合ファッション誌。

スポンサーリンク

サバイバル・ウェディング ネタバレとあらすじ:宇佐美(伊勢谷友介)がヤバイ!

サバイバル・ウェディング 原作ネタバレとあらすじの続き

『riz』の編集長・宇佐美(伊勢谷友介)と面会したさやか。ファッション誌の編集長ということもあり、頭のてっぺんからつま先までハイブランドでガッチリ固めてあった。ちょっとやりすぎでは…と軽く引くさやか…。

宇佐美はさやかを見るなり文句を言い出す。どうやらさやかが持っているマークジェイコブスのバッグにサルのぬいぐるみがついていることが許せないらしい…。この猿はさやかがインド旅行で買ったものだった。

マーク・ジェイコブスがいかに偉大な人物かをうんちくを交えこんこんと説明する宇佐美。『ちょ、なにこの人…^^;』と困惑するさやか。

すると宇佐美はさやかを復職させる見返りとして、ある条件を突きつけてきた。

『半年以内に結婚しろ。』

雑誌に結婚特集を載せれば『riz』の売上は上がる、お前は体を張って実体験を記事を書け、と訴える宇佐美。そしてもし半年以内に結婚出来なければクビだと言う。初めは断ったさやかだったが、他に再就職できそうな職場もなく、しぶしぶこの条件をのむことに…。

伊勢谷友介が演じる宇佐美はこんな人!

『サバイバル・ウェディング』に登場するクセありすぎ!の編集長・宇佐美(伊勢谷友介)。原作小説ではこんな人です。

  • とにかく意識が高くて自身マンマン!超絶ナルシスト!
  • イケメンで本人は”モテる”と言うが、独身で彼女もいない。部下いわく『顔の無駄遣いw』
  • 腹筋バキバキ、色黒。
  • 生え際が気になるらしく、前髪で隠している。
  • 仕事は出来る。『riz』を人気ファッション誌にした立役者。
  • ファッションブランドに異常に詳しい
  • 猫舌。口が悪い。意地っ張り。潔癖。笑えるほど負けず嫌い。

サバイバルウェディングのストーリー

【公式】サバイバル・ウェ…

@survivalwedding

日本テレビ7月スタートの新土曜ドラマ『サバイバル・ウェディング』公式ツイッターです。
よろしくお願いします♪#波瑠 #伊勢谷友介 #サバイバルウェディング #日本テレビ #日テレ

https://twitter.com/surviva…

11:21-2018年5月22日

○1251人がこの話題について話しています

サバイバル・ウェディング あらすじとネタバレ:宇佐美の教育がスタート!

サバイバル・ウェディング ネタバレとあらすじの続き

まずは元彼・和也との復縁作戦を提案する宇佐美。実はさやかもまだ和也に未練があり、できれば和也とゴールインしたいと考えていた。

『おまえはユニクロ女だ。だから男に安く見られる。エルメスになれ!』

『価値のある男と付き合ってると思わせろ。ナイキはタイガー・ウッズが履いているから価値があるんだ!』

さやかのことを『手放したくない女』と和也に思わせればいい、と言う宇佐美は、人気モデルのケイタとデートしているシーンを和也に見せつける作戦を実行に移した。

しかし作戦当日、真っ赤なフェラーリに乗って現れたのはケイタではなくなぜか宇佐美…?どうやら人気イケメンモデルより自分のほうが価値があると考えたらしい(…すごい自信^^;)

少々作戦は変更となったが、助手席に乗るさやかの姿を和也(風間俊介)に見せつけることに成功した。

抱かれとるやないかい!

フェラーリに乗った二人はさやか行きつけのモツ鍋屋に行き、次の作戦会議を始めた。

『和也は今、お前を取り戻したいと思っているはずだ。だがあいつが求めてきても体を許すなよ。イブ・サンローランと同じ苦労をすることになる。』

相変わらずブランド偉人のうんちくを交えて説明してくる宇佐美。『ちょっとなに言ってるかわからない』とひたすら困惑するさやか…w

宇佐美はモツ鍋みたいな庶民の食い物など食べない、と料理に手を付けなかったが、さやかが美味そうに食べる姿を見て『一口だけ食べてやろう』と箸を伸ばし、結局全部平らげた(意地っ張りwしかも猫舌発覚!)

宇佐美の助言を無視して抱かれるさやか^^;

宇佐美が言ったとおり、帰宅したさやかを和也が待っていた。『体をゆるすなよ』と釘をさされていたさやかだったが、強引な和也につい抱かれてしまった…^^;

しかし和也に復縁の意志はなく『今のままの関係を続けよう』とずーずーしく言ってきた。

宇佐美の次の作戦!『別の男を探せ!』

さやかが和也とヤッタことが、『riz』で働く同期社員・多香子(高橋メアリージュン)から宇佐美に伝わってしまった。セ○レ希望の和也とは復縁が絶望的だと考えた宇佐美は次の作戦をさやかに提案。

『ルイヴィトンは一度もセールをしたことがない。たとえ売れ残ってもだ。それは自分を愛しているからだ。お前も自分を愛せ!俺みたいにな!

『過去は忘れろ!生まれ変われ!』

『お前は俺のようにエルメスやシャネルみたいなスーパーブランドはなれない。せいぜいCOACHだ!』

よく分からないが、さやかは和也を忘れ新たな恋を探すことになった。

サバイバル・ウェディング ネタバレとあらすじ:吉沢亮と運命の出会い

サバイバル・ウェディング 原作あらすじとネタバレの続き

約束の半年まであと4ヶ月。さやかは少し諦めムードになっていた。今日は宇佐美の指示で広告主の川村製薬との打ち合わせに行くことに。

川村製薬につくと、広告代理店の担当者・柏木祐一(吉沢亮)という男と出会った。途端にときめくさやか!もろタイプだったのだ♥

打ち合わせがスタートしたが、さやかは祐一に彼女がいるのか気になってしょうがない…。

打ち合わせが終わり、さやかと祐一は一緒に駅に向かう。そこで祐一がインド好きだと言うことを知り、ますます興味がわいた。祐一と結婚した妄想にふけるさやか。気がつくと電車の中で居眠りをしており、祐一の肩にもたれかかっていた…。

ネタバレ:祐一(吉沢亮)の父は大手広告代理店の社長をしており、『riz』の宇佐美もお世話になっている人物。祐一にはある夢が…?

パワースポットにGO!

さやかは前の職場の新人・ユリから『パワースポットに行ったら彼氏ができた』という話を聞き、これだ!と思い立つ。宇佐美(伊勢谷友介)にパワースポット特集を組みたいと提案すると

『おれが本物のパワースポットを教えてやる』

と言われる。

嫌な予感がして迎えた取材の当日。宇佐美が連れて行ったのは新鋭ファッションデザイナーのレセプションパーティーだった。『どこがパワースポット?』と首をひねるさやかに『寺なんかに行って気分アガるか?』と返す宇佐美。

さやかはとりあえず顔を広めるため名刺交換などをして時間を潰す。すると見覚えのある男をバーカウンターで発見。元彼の和也(風間俊介)だった。

しかも派手なドレスを着た女と一緒…。ヤキモチを焼くさやかを見た宇佐美は『もうあいつは忘れろ。俺レベルのいい男を見つけろ。』と相変わらずの自信マンマン発言をかます。

宇佐美が女を口説く!しかし…

ほんとにあなたモテるんですか?と疑うさやか。宇佐美は『見せてやる( ̄ー ̄)』といい和也と一緒にいた女性を口説きにかかった。

はじめはいい雰囲気だったが、宇佐美が『ミュウミュウは~○○、プラダは~○○』と得意のブランドうんちくを連発させると女性はみるみるドン引きw

そこに戻ってきた和也と口論になった宇佐美。カッコつけてシャンパンを一気飲みし、ぶっ倒れてしまったw

ネタバレ:宇佐美(伊勢谷友介)はめちゃめちゃ酒が弱いw

ネタバレ 確実に結婚出来る方法

期限の半年まであと三ヶ月。もう絶対結婚なんて無理!と撃沈モードのさやか。このままではクビになってしまう!期間延長を宇佐美にお願いしたが、あっさり断られてしまった…。

すると宇佐美は『特別に確実に結婚出来る方法を教えてやる。お前運がいいなw』とイキる。話を聞くと、それはずばり『数撃ちゃ当たる作戦』だった。

『出会いを増やせばお前みたいな女を好きなってくれる男も必ず現れる。』と無礼な発言をさらっとかます宇佐美。もはや言い返すのも面倒くさいさやか…。

さやかは宇佐美の提案で合コンに参加し男を捕まえることになった。『今は男が消極的な時代だ。だから自分から仕掛けろ。時代に合わせて生き残ったティファニーを見習え!』

同期の多香子(高橋メアリージュン)の紹介で公務員や銀行員と合コンを繰り返すさやか。しかし中身の無い男たちばかりで運命を感じるような出会いは無かった…。

吉沢亮との再会♪

しかしある合コンでまさかの男と再会する。川村製薬の打ち合わせで出会った柏木祐一(吉沢亮)だ。ドキドキしながら祐一と話すさやか。すると店の電気が消え、バースデーソングが流れた。じつはさやかの友人が一週間に三十歳になるさやかをサプライズで祝ってくれたのだ。

顔色が変わるさやか。前回祐一と会った時に、年齢をサバ読んでいたのが盛大にバレてしまった…w

ネタバレ:さやかは自分が祐一と同じ27歳だとウソを言っていた。

和也の彼女と遭遇!

宇佐美の次の作戦は『ダイエット』だった。しかしモデルのような体型になるのではなく『男のニーズに合致した体型=健康な体』になれ、というものだった。

『お前のぽっちゃり体型は武器だ。欠点は使いこなせとココ・シャネルもいっていた。』

しかしダイエットはなかなか上手くいかず、そうしている間に30歳の誕生日を迎えてしまったさやか。落ち込んでいると、元彼の和也から電話がかかってきて、ディナーに誘われた。

食事のあと、家に来ないかと誘ってきた和也。マンションに入ると女と鉢合わせ!レセプションパーティーで一緒だったあの女だった。

火花をバチバチ散らす元カノと今カノ。女に追い出されたさやかは泣きながら帰路についた(T_T)

ネタバレ:和也はさやかと交際していた時からこの女性と浮気をしていた。

祐一にアタックするさやか

和也に永遠の別れを告げ、自分が今好きなのは祐一(吉沢亮)だと気付いたさやかは、彼を食事に誘う決意をした。宇佐美に相談すると『ドレスアップして居酒屋に行け。”いい女を連れている”と周りの客に誇示出来る!』とアドバイスされる。

オシャレして祐一と待ち合わせたさやかは、魚介料理がうまい居酒屋で乾杯。祐一はさやかが年齢をサバ読みしてたことは気にしていないと笑った。

しかしなかなかプライベートな話ができず焦るさやか。祐一も『彼氏いるの?』とか聞いてこない。彼は私に興味が無いんだ…と落ち込むさやか。

すると祐一の携帯がなる。例の川村製薬との仕事でトラブルがあったらしい…。さやかは祐一に付き添って店を出ると、徹夜で処置にあたった。

祐一は頼りになるさやかに『素敵です』と言った。

吉沢亮がまさかのプロポーズ!

二人の距離は急速に縮まり、週末はデートを重ねていた。しかし交際しているわけではなく、お互い告白もしていない。宇佐美に相談すると『相手の意志は必ず確認しろ。LVMHの会長・ベルナール・アルノーのように目標に忠実になるんだ。』とアドバイスされる。

後日、祐一(吉沢亮)とドライブに行った帰り、さやか(波瑠)はついに質問した。『私達、付き合ってるの?』

しばらく沈黙が続いた後、祐一はまさかのセリフを口にする。

『…一緒にインドに行って欲しい。』

『は!?』

さやかは以前、祐一がインドの支店への転勤を勧められてたと言っていた事を思い出した。これはプロポーズなのか…?インドでの新婚生活を妄想するさやか。すると祐一はポケットから指輪を取り出し、さやかの左手薬指にはめた。『必ず幸せにします!』

ついに結婚出来る?

ついに好きな人と結婚が出来る(≧∇≦)/ 幸せに浸るさやかだったが、この後思わぬ事実が判明する。祐一のインド行きは転勤ではなく、独立開業することだったのだ。とたんに不安に襲われるさやか…。

先の見えないインドでの生活。もし失敗したら…?しかもさやかは確かにインドが好きだが、永住したいと思ったことはない…。

しかし祐一の決意は固く、すでに今の仕事を辞める手続きに入っていた。三ヶ月後には現地には日本を発つという。

祐一の父は大手広告会社の社長。会社の創立30週年パーティーが来月行われることになっており、その席でインド行きと結婚を父に話すつもりらしい。

シンデレラの靴

インド行きを宇佐美(伊勢谷友介)に相談すると『お前なら大丈夫』と背中を後押ししてくれた。少しドキッとするさやか…。

さやかと宇佐美が街を歩いていると、セレクトショップでクリスチャン・ルブタンのヒールに目を奪われた。『あれはシンデレラの靴だ。』という宇佐美。世界に数十点しかないものらしい。

さやかはこれ買って!と宇佐美にせがむ(宇佐美に似てずーずーしくなってきた?w)。宇佐美は『お前が結婚したら買ってやる』と冗談混じりに言った。

サバイバル・ウェディング:結婚とりやめ?

インド行きはやっぱり無理。そう思ったさやかだったが、祐一の顔を見た途端、その思いは吹き飛んでしまう。祐一と一緒にいられるなら…。

祐一の父親のパーティー当日。さやかはスピーチを終えた父親に挨拶を交わす。しかし祐一がインドでの起業を話すと、『何が起業だ!』と怒りを顕にした。

ネタバレ:父が起業に反対する理由

祐一の父は裸一貫で会社を立ち上げ、死ぬ思いをして現在の地位を築いた。安易に海外で事業をしようとしている息子に我慢がならないらしい。

伊勢谷友介の感動のセリフ

さやかは父の迫力に圧倒され、祐一を応援する言葉を口にすることが出来ない。そして自分の覚悟の無さを思い知った。やっぱり無理だ…。

そこに現れた宇佐美(伊勢谷友介)。パーティーの余興で手品を披露するため、タキシードにシルクハットという姿だった。

『コムデギャルソンのデザイナーは誰だか知ってますか?あんたのような人間がこの国から挑戦者を減らしているんだ!』

無礼な態度に激怒した父は警備員を呼び宇佐美の退場を命じた。しかし宇佐美は腕を掴まれながらも話し続ける。

『周りがなんて言おうと負けるな!』と祐一に告げる宇佐美。さやかは自分の代わりに戦ってくれている宇佐美を目の当たりにし、涙を流した。

引きずられる宇佐美はさやかを見てこう言った。『大事なのは自分が選択した人生を強く生きるかどうかだ!』

退場させられた宇佐美にかわり、さやかが祐一の父に想いをぶつける。祐一さんを信じていると…。

父は『勝手にしろ!』と言い出ていってしまった…。

その後、父は二人のインド行きを渋々承諾してくれた。さやかは『もし失敗したら私が養うよw』と祐一に笑顔で言った。

サバイバル・ウェディング 原作の結末

『サバイバル・ウェディング』原作の結末です。

今日はさやかと祐一の結婚式。父親のいないさやかは、宇佐美にバージンロードを一緒に歩いて欲しいとお願いしていた。『なんで俺が!』と文句を言う宇佐美。式場の係員に父親と間違えられると『おれは父親じゃねぇ!』とブチ切れたw

宇佐美に紙袋を手渡されたさやか。中にはクリスチャン・ルブタンのハイヒールが!あのシンデレラの靴だった。これまでの宇佐美との出来事を思い出し涙をながすさやか。。。

バージンロードを歩く二人。さやかは『太ったな』とバカにする宇佐美の背中を殴った。

【サバイバル・ウェディング 終】

ネタバレ:取引相手である祐一パパを怒らせてしまった宇佐美。謹慎が明けた後、坊主頭で会社に現れた。

サバイバル・ウェディング 感想

『サバイバル・ウェディング』原作小説を読んだ感想です。

『日本で一番恋愛に詳しいのは俺だ』と豪語する独身の宇佐美編集長。独自の理論を元に数々の『結婚するためのミッション』をさやかに下しまくりました。

結果的にさやかは結婚することに成功しますが、宇佐美のアドバイスが導いたというよりは、宇佐美に嫌味を言われ続けたさやかの『なにくそ!』という見返したい気持ちが良い結果に繋がったのかなと思います。(これも宇佐美の作戦だった?)

『完璧な自分』を見せようとして空回りしちゃう宇佐美が笑えるやら可愛いやら、器用なのか不器用なのか、とにかく魅力的でした(*^^*)

宇佐美のファッションに関する博学ぶりは凄まじく、売上が低迷していた『riz』を立て直すために相当の努力と研究を重ねた事が伺えます。『人生、日々是勉強』を貫いてきた凄みがありますね。この人は何をやっても成功する人だと思わせてくれます。ただその異常なストイックさが女性が避ける原因なのかもですが^^;

さやかの両親は離婚しているので、さやかにとって宇佐美はのような存在だったのかも知れません。間違った結婚をしないために忠告し続けてくれた宇佐美の姿は、まるで娘を想う父の姿そのもの…。結婚式で『バージンロードを一緒にあるいほしい』と依頼した理由は、『今までありがとう』と感謝を伝えたい事の他に、自分の晴れ姿を一番近くで見て欲しいという想いもあったのでしょう。

読み始めは『さやかと宇佐美がくっつくのかな?』と思ってましたが、見事に予想を裏切られました。いいコンビだったので残念といえば残念ですが、なんか宇佐美が結婚してフツーになっちゃうのもヤダな~と思ったりw

2018年7月には波瑠さん主演でドラマ化される『サバイバル・ウェディング』。伊勢谷友介さんが演じる宇佐美はビジュアル的に出落ち感がスゴイですが、原作を超える濃いキャラに期待できそうです。

ヒロイン・さやかを演じる波瑠さんはドラマ『あなたのことはそれほど』での不倫女とは逆の『サレ女』を演じます。立場は真逆ですが、『運命の恋』を信じたいという共通点がありますね。

面白いだけじゃなくファッションの勉強にもなった『サバイバル・ウェディング』。皆さんもぜひ読んでみてくださいね♪

ドラマのネタバレ 関連記事

最新ドラマの視聴率一覧

スポンサーリンク