黄昏流星群 原作ネタバレと結末までのあらすじ。完治と栞の恋の行方は?

2018年10月11日スタートのドラマ「黄昏流星群」の原作あらすじと結末をご紹介します。※ネタバレあり。

出世の道を閉ざされた大手都市銀行の支店長が、スイスへのヤケクソ旅行中に出会った一人の美女。男は日本にいる妻子を忘れ、猛アタックを仕掛けてしまいます。

帰国した2人は半年後に運命の再会を果たし交際がスタート!夫の不審な行動に浮気を疑う妻、そして結婚を控えた一人娘もドン引き必死の秘密を抱えており…?

『人生をもう一度輝かせたい』と願う中年の男女が織りなす、かなりヘビーなラブストーリーです♪

スポンサーリンク

黄昏流星群 原作ネタバレと結末までのあらすじ

黄昏流星群 ネタバレ

「黄昏流星群」の原作情報や登場人物、結末までのあらすじをご紹介します。※ネタバレあり。

原作…弘兼憲史

脚本…浅野妙子

音楽…得田真裕

主題歌…平井 堅「half of me」

演出…平野眞、林徹

制作著作…フジテレビ

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/黄昏流星群

スポンサーリンク

黄昏流星群 原作

ドラマ『黄昏流星群』は漫画家・弘兼憲史氏による同名マンガが原作となっています。コミックスは2018年10月時点で58巻まで刊行されており、現在も小学館「ビッグコミックオリジナル」で連載中。

2002年に「星のレストラン」(原作コミック第4巻収集)と「同窓会星団」(第5巻収集)が映画化されています。

原作マンガは数話~まる1巻で完結する短編オムニバス形式で、佐々木蔵之介さん主演の2018年ドラマはコミックス第1巻に収集されたエピソード『不惑の星』がベースになっています。

黄昏流星群の原作

黄昏流星群 登場人物

黄昏流星群『不惑の星』の登場人物をご紹介します。

瀧沢 完治…佐々木蔵之介

(原作は盛本芳春)。大手都市銀行の支店長。仕事一筋に生きてきた完治だったが、突如出世コースから外されてしまう。

瀧沢 真璃子…中山美穂

完治の妻。夫を献身的に支える専業主婦。

瀧沢 美咲…石川恋

(原作は盛本美咲)完治と真璃子の一人娘。

日野 春輝…藤井流星

弁護士。美咲の婚約者。※原作では大蔵省勤務の官僚という設定。

目黒 栞…黒木瞳

(原作は目黒誠子)スイスで完治と出会った女性。完治と禁断の恋に堕ちてゆく。

参考:フジテレビ「黄昏流星群」

黄昏流星群 ネタバレ

黄昏流星群 ネタバレあらすじです。※登場人物はドラマ版の名前を表示しています。※ドラマと原作ではストーリーや結末が異なる可能性アリ。

大手都市銀行の支店長・瀧沢完治(佐々木蔵之介)はこれまで仕事一筋に生きてきたエリートサラリーマン。妻・真璃子(中山美穂)は献身的に夫を支えていたが、夫婦としての会話は少なく、いわゆる仮面夫婦に近い関係だった。

二人の間には三ヶ月後に結婚を控えた一人娘・美咲(石川恋)がいる。

自ら「会社人間」を自覚する完治は、家族といる時間よりも仕事をしている時に幸せを感じる男だ。今年で52歳…完治は人生にもうひと花咲かせるため、栄光の本社勤務を目指し日々精力的に仕事に邁進していた。

完治が出世コースから外れる(T_T)

そんなある日、完治(佐々木蔵之介)に人生の岐路となる出来事がおきる。上司に呼ばれた完治は、子会社への出向を言い渡されたのだ。役員待遇と聞こえはいいが、銀行は完治を「不要のな人材」と判断したようだ…。

ショックを受ける完治(T_T)。銀行に勤め始めて30年…これまで自分は何のために働いてきたのか?みなぎっていた気力も途端に消え失せ、退職を考え始めてしまった…orz

そしてスイスへ…

帰りの電車。完治は宙吊り広告に目が止まる。「スイス・アルプスの旅」…もう行くしかない(ヤケクソ) 完治はこのクッソ忙しい決算期の中、全ての仕事を部下に丸投げし、一人でスイスへと旅立っていったε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

ネタバレ:完治がスイス行きを決めた理由の一つに、妻と娘が退職に猛反対した事が挙げられる。三ヶ月後に結婚を控えていた娘の美咲(石川恋)は、父に『大手銀行の支店長』という肩書きのまま結婚式を迎えてほしいと思っていたのだ。世間体ばかり考えている妻と娘に嫌気がさし、完治は一人旅を決意したのだった。

黄昏流星群 ネタバレあらすじ:スイスで出会った女性

黄昏流星群 ネタバレあらすじの続きです。

スイス ツェルマットに到着した完治。しかし空はあいにくの曇り…。お目当てだったマッターホルンは影も形も見えなかったが、「とりあえず山に向かってみよう」とホテルを飛び出した。

ロープウェー乗り場に着くと、40代くらいの日本人らしき女性(黒木瞳)と遭遇。美人で気品があり、どこか物憂げな表情を浮かべているこの女性に、完治はすっかり目を奪われてしまった。もう山よりもこの人が気になってしょうがない(*´艸`*)思い切って声をかけてみた。

女性は気さくな性格で、お互い一人旅ということもあり意気投合しちゃった2人。一緒にマッターホルンを見ましょうとロープウェーに乗り込んだが、外は猛烈な吹雪orz…やむなく下山することに…。

女性が自分と同じホテルに止まっていると知り、にわかに心臓がバクバクしだす完治。『よ、よかったらお食事でも』と誘うと、女性は笑顔でOKしてくれた。

その時 雲が晴れ、雄大にそびえるマッターホルンの山巓がその姿をのぞかせた。まるで2人の出会いを祝福するかのように…。

黄昏あらすじ

黄昏流星群ネタバレ:この女性は何者?

黄昏流星群 原作のストーリーの続き

ホテルに戻った2人。完治(佐々木蔵之介)はそわそわしながらスーツに着替え、まだ名前も知らない彼女とのディナーに向かった。エレガントなドレスに身を包んだ彼女に見惚れる完治…。

ドイツ語が話せない完治に代わり、彼女が流暢なドイツ語でオーダーを終える。只者じゃない!完治は考えた…この女性の職業は何だろう…?料理研究科?外交官夫人?音楽家…?

女性は完治の名推理?に笑ったあと、『栞(しおり)です。』と名前を教えてくれた。完治も下の名前を教えると『完治ちゃん』とまさかのちゃん付けw2人はケラッケラ笑い、楽しいディナーはまたたく間に終了した。

完治、GO!

部屋で飲みませんか?意を決して誘った完治。栞(黒木瞳)は意外なほどあっさり『良いわよ♪』と言ってきた。これはもう今夜OKよ~♥のサインに他ならない!ギンギンのバクバク状態と化した完治!

部屋に入ると、完治はおもむろに栞に近づき押し倒した。キスをしようと顔を近づけると、栞は『え、ちょ!なにするの!』とまさかの拒絶!子供のように泣き出してしまった(T_T)

なにこの展開!?OKじゃなかったの!?混乱する完治はとりあえず土下座して謝罪『も、申し訳ありませんでしたー!』

栞は無言で部屋を出ていってしまった…。

運命の再会!

翌朝、完治(佐々木蔵之介)は昨夜の事をちゃんと謝るため、ホテルやら駅やら栞を探しまくった。しかし彼女を見つけることは出来ず、完治もモヤモヤを残したまま帰国の途についた。

半年後

あれから半年後、まるで思春期の恋煩いのように、完治は栞の事を未だ忘れられないでいた。

ある日、取引先の商社に出向いた完治は、この会社の社員食堂でランチタイム。ふと厨房をのぞくと女性調理師と目が合った。まさかの栞だった。『し、栞さん!?』

かっぽう着姿の栞は、スイスで見たあのエレガントな彼女とは全くの別人!彼女の仕事は料理研究家でも音楽家でもなく、社員食堂の調理師だったのだ。

いろんな意味で驚く完治!栞は『み、見られた(T_T)』と言わんばかりに無言で逃げ出してしまったε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

全力でトンズラしていた栞(しおり)だったが、急ブレーキで立ち止まると、完治の元へUターン。2人は笑顔で見つめ合い、改めて自己紹介をした。『瀧沢完治です。』『目黒栞です。』

黄昏流星群の結末

【公式】木曜劇場『黄昏流…

@TASOGARE_2018

第1話から佐々木蔵之介さんと黒木瞳さんの
オフショットをお届け!

初2ショットです♥

完治と栞が出会ったシーンは
大自然の中で撮影しました~!

#黄昏流星群
#フジテレビhttps://twitter.com/TASOGARE_2018/s…

22:08-2018年10月13日

○1251人がこの話題について話しています

栞の正体

運命の再会を果たした2人はディナーの約束をして別れた。

抜け殻で無気力だった完治は栞との出会いにより完全復活(≧∇≦)/会社に戻った完治は取引先社長との面談を『そんなん知らん!』と断り、定時になるとウキウキしながら栞に会いに行った。

夜。2人はホテルのレストランでディナータイム。こんな高級そうな所で食事するのは初めてという栞は緊張気味…。スイスでは『背伸びしてエレガントなマダムを演じていただけ』と笑った。

すると栞はオーダーしたワインを一見で産地まで言い当てるという博識ぶりを見せる。そう言えばスイスでもドイツ語を流暢に話していた…。社員食堂の調理師という職業とのギャップを感じた完治は『あなたの事をもっと知りたい』と言った。

ネタバレ:栞の正体

OLだった栞は25歳のときに職場の同僚と結婚。しかし長続きせず、三年後に離婚が成立した。子供は授からなかった。

大学で栄養学を学んでいた栞は調理師免許を取得し、商社の社員食堂に就職。それから15年、栞はイタリア料理店をオープンしたいという夢に向かい、脇目も振らず働いてきた。

働き詰めの人生を振り返り『少しは人生を楽しもう。』と思いたった栞は、憧れだったスイスに旅行へ。このためにドイツ語を猛勉強したという。

この話を聞いた完治はストレートにこう言った。『あなたが独身と知り嬉しいよ♪』

完治は妻と娘がいることを申し訳なさそうに告げた。これに関して栞は『当然ですよ』と返した。

ついに結ばれる2人!

少し酔った栞(黒木瞳)は、あのスイスの夜、完治の誘いを断った事を後悔していると話した。とたんにバッキバキになる完治 (。+・`ω・´)シャキーン☆

完治は『トイレに行く』と言い席を立つと、ホテルの部屋を予約した。栞に電話をし、『部屋で待っている』とルームナンバーを伝える。

部屋にやって来た栞。シャワーを浴びると、ベッドで待つ完治の元へ…。『部屋、暗くして…』

ついにおっぱじめる2人!しかし しばらくすると完治は『すまない』と謝った。どうやら緊張しすぎて完治のジュニアが力尽きたらしい(T_T)

『気にしないで♪』と笑う栞。自分たちは若者のそれとは違う。二人でいる時間を楽しめればそれで良いじゃない、と笑顔で言った。

その後、2人は交際をスタート。諦めかけていた”第二の恋”を育みはじめた。。。

娘の美咲が浮気!?

完治(佐々木蔵之介)の日常は一変した。もはや出世の可能性が無くなった銀行には何の未練もなくなり、結婚式を控えた娘の体面のため『クビにならなきゃいいや程度』で日々の仕事をこなしていた。常務から受けた出向話も自ら断わっていた。

週に一度は栞(しおり)と会い、食事や遊園地を楽しみ、時にはホテルに行くことも…。

完治はこの関係の未来について考える。妻と別れるべきなのか…?しかし完治は『それは無い』と心の中で即答した。今まで築き上げてきたものを全て捨てる覚悟なんて無い。

そして、栞も2人の将来について口を出すことはなかった…。

ある日、ホテルで熱い休憩を終えた後、エレベーターに乗り込んだ2人。そこで中年の男と若い娘がキスをしていた。気まずいな~と照れる完治だったが、次の瞬間、その表情が凍りつく!

キスをしていた女性が娘の美咲だったのだ!

美咲(石川恋)もパパに気づき激しく動揺!

『パパ、不倫してるやんΣ(゚Д゚)』

『娘が婚約者と別の男と浮気…?』

パパと娘は言葉を交わすこと無く、時が止まったかのようなエレベターの中で、ただ冷や汗をかきまくっていた…^^;

いつからこんな娘に育った?…って君が言うか!

翌朝、出勤のため家を出た完治は、大学へ向かおうとしていた娘に声をかける『今夜話せないか?』

夜、2人はカフェで昨夜の事を話し合う。美咲はすんなり浮気を認めたが、相手の中年男の正体は明かさなかった。『お互い様ってことで』と言い、パパの相手についても追求してこない美咲…。

完治は娘の未来を案じ、別れたほうが良いと進言。しかし美咲は『心配ないわ。相手も私が結婚したら身を引くわよw』と軽く答えた。

全く悪びれるそぶりを見せない美咲…。完治は『いつからこんな娘に育ってしまたんだ…』と自分の事を棚に上げ、打ちのめされた気持ちになった。

娘の結婚式の主賓が決定!それはまさかの…?

完治の家族は娘・美咲(石川恋)の結婚式に招く主賓との初顔合わせに向かった。料亭を予約し、美咲の大学の恩師である大澤教授の登場を待つ。

『はじめまして、大澤です。』

現れた男を見て衝撃を受ける完治!ホテルのエレベーターで美咲とキスをしていた男だったのだ!

娘の浮気相手が結婚式の主賓?こんなことが許されるのか…?完治は苦悶の表情を浮かべ、下げたくもない頭を無理やり下げた。『よ、よろしくお願いします…!』

黄昏流星群 原作ネタバレあらすじ:栞が妊娠!

黄昏流星群 原作ネタバレあらすじの続き

栞(黒木瞳)は夢であるイタリアンレストラン開業に向け、休日はパスタの試作品づくりに没頭していた。完治もたびたび栞のマンションを訪れ、試作品の味見係として協力。率直な完治は『ちょっと上品すぎるな。俺は昔のナポリタンが好きだ』と腹蔵のない意見をかます。

そんなある日、栞に妊娠が発覚Σ(゚Д゚)前の夫とは子宝に恵まれなかった栞。現在43歳、高齢出産の危険を承知の上で『生みたい』と完治に話した。

これまでの恋愛気分が一気に冷める完治。栞は『結婚してなんて言わないから』と笑ったが、完治は激しく動揺していた…。

完治に出世話が訪れる!

栞の妊娠を知り仕事も手に付かない完治…。するとある日、上司に呼ばれた完治はこう告げられた。『君に本社営業部長のイスを用意した。』

思いもよらぬ本店への栄転が決まり、一気にテンションMAXとなる完治(≧∇≦)/ しかし、気がかりなのは栞の妊娠…。

後日、完治は栞を呼び出しこう言った。『子供、おろしてくれないか?』

再び仕事への意欲が甦った完治は、子供の事で仕事に手がつかなくなることを懸念していたのだ。しかし栞は『なら一人で生んで育てる』と言い、完治に別れを告げ去っていってしまった…。

栞に悲劇が!

完治に別れを告げた栞(黒木瞳)。タクシーに乗り込むと涙を流した。外は大雪…タクシーを降りた栞はマンションまでの下り坂を歩く事になった。

雪で足を滑らせ転倒した栞。流れる血が地面を染めた。栞は流産してしまったのだ!

入院することになった栞は、悲しみの縁でこう自分を元気づけた。『子供はだめだったが、私にはまだ夢がある!イタリア料理店をオープンするんだ!』

完治はあの別れ以来、全く連絡が取れなくなった栞を心配し、マンションを訪ねた。しかし栞は不在…。連絡がほしい、とメモをドアにはさみ、完治は帰っていった。

後日、帰宅した栞を完治が待っていた。流産を知り驚く完治。栞はここ数日で夢だったイタリアンレストランをオープンする店舗を見つけており、すでに契約も終えていた。社員食堂の仕事も近々辞めるという。

『私達、もう終わりにしましょう…。』

改めて別れを切り出す栞。私達は生きている世界が違いすぎると言い、涙を流した…。

美咲の”おぞましい”結婚式

数週間後、栞は近々オープンするレストランの店舗づくりのため忙しい毎日を送っていた。お店の名前は『ピッツァ&パスタ Per Favore』。英語で『プリーズ』を意味する。

一方の完治はこの日、娘・美咲の結婚式をむかえていた。浮気相手の主賓・大澤教授のスピーチに涙する娘を見て『おぞましい…最低の結婚式だ!』と頭を抱えた^^;

ネタバレ:原作では美咲の婚約者は大蔵省勤務のキャリアだったが、ドラマでは弁護士の日野春輝(藤井流星)と婚約している。

式が終わりホッと一息つく完治に、妻の真璃子(中山美穂)が冷たい目でこう言った。『離婚してほしいの。』

実は真璃子は完治の浮気をかなり前から知っていたのだ!

ネタバレ:真璃子は家の電話の履歴から栞の住所を調べ上げ、2人が一緒にいる所を目撃していた。今日まで黙っていたのは、娘の結婚式に水をささないためだった。

動揺する完治は、栞との関係はすでに終わっていると告げ、離婚を考え直してほしいとお願いした。しかし真璃子は夫の本心を見抜いていた。じきに本社営業部長となる夫は、世間体を考えて離婚したくないだけなんだと…。

黄昏流星群 結末

妻・真璃子に栞との関係がバレてしまった完治。このあと彼は『自分にとっての本当の幸せ』を考え、ある大きな決断をします。

完治が下した決断…そして栞との関係の行方は…!?黄昏流星群の結末と感想は下記リンクよりどうぞ♪

スポンサーリンク

2018年最新ドラマのネタバレあらすじ

2018年秋ドラマのネタバレ情報やあらすじをご紹介しています。

2018年ドラマ視聴率一覧

黄昏流星群へのコメント

『黄昏流星群』へのコメント一覧です。(原作、ドラマ共用)

匿名:より

2018/11/18 2:29

弘兼憲史作品らしいアラフィフ男女の生々しい恋愛にハマっています。原作と比べて主人公とヒロインが美男美女すぎるかなぁと思いますが、コミック版にはない要素がいろいろ肉付けされてて結末を知っている自分も楽しんでします。人生最後の黄昏時をどう過ごすか…?これは永遠のテーマですね。。地位や名誉にすがって愛なき最期を迎えるのか?それとも全てを投げ出して愛する人と最期の時を迎えるのか?このマンガを読んで、不倫は悪いと知りつつも完治のように生きたいな~と思いました。

匿名:より

2018/11/1 08:26

ドラマ版は原作であまり描かれていなかった妻のエピソード(過激なw)が見れて面白いです。人間ドラマというよりはサスペンス寄りなのかな…。佐々木蔵之介ファンなので毎回楽しみです♪

たそがれ:より

2018/10/31 20:28

ある程度の年齢に達し、人生の最後の黄昏時を華々しく生きたいと願う気持ちは大いに共感できますね。若い人よりも年配者の方がこのドラマにのめり込めると思います。スイスで運命の出会いってちょっとロマンチックすぎる気もしますが、ステキですね(*´ェ`*)

2ページ目黄昏流星群 原作の結末と感想→

スポンサーリンク