【罠の戦争】ネタバレ考察と結末までのあらすじ。黒幕の正体、原作の情報など

【2/6更新情報】

・最新話のストーリーと考察を更新しました。

・視聴率を更新しました。

2023年1月スタートのドラマ『罠の戦争』の情報まとめと考察です。

草彅剛さんが主演を務める「戦争シリーズ」第3弾。家族を傷つけたド悪魔な権力者に”罠”をもって戦いを挑むリベンジ・サスペンスです!

ネタバレが含まれるのでドラマ未視聴の方はご注意ください。

【この記事でご紹介していること】

  • 罠の戦争ドラマ情報
  • 登場人物紹介
  • 各話あらすじと視聴率
  • ネタバレまとめと結末の考察
  • 原作の情報
  • 戦争シリーズの解説
罠の戦争
放送スタート放送日時
2023年1月16日毎週月曜よる10時
放送局エピソード数
フジテレビ系列(カンテレ)未発表
原作脚本
なし後藤法子
『銭の戦争』『嘘の戦争』他
演出主題歌
三宅喜重
『僕の歩く道』他
香取慎吾×SEVENTEEN
「BETTING」
スポンサーリンク

罠の戦争はこんなストーリー。※ネタバレあり

罠の戦争ネタバレ

罠の戦争はこんな物語※一部ネタバレが含まれます。

命をかけて尽くしてきた政治家に裏切られた議員秘書・鷲津 亨。

弱い者には弱いなりの闘い方がある…!

出典:カンテレ『罠の戦争』公式サイト

主人公・鷲津 亨(わしづ とおる)は、恩義ある衆議院議員・犬飼孝介の第一秘書として政治の世界に身を置いていた。

ある日、亨の一人息子が大怪我をする事件が発生。動揺する亨に犬飼は『事件のもみ消し』を強要してきた。

息子を重体に追いやった犯人は誰なのか?事件を隠蔽する理由とは!?亨は秘書の仕事で培った経験と人脈を総動員し、壮絶な復讐を開始する…。

草彅剛主演「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く「戦争シリーズ」第3弾!

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/罠の戦争

スポンサーリンク

罠の戦争 登場人物※ネタバラシあり。

ドラマ『罠の戦争』登場人物の解説です。一部ネタバラシが含まれるのでご注意ください。

鷲津亨 – 草彅剛

(わしづ とおる)…犬飼大臣の第一秘書。息子を傷つけた人物への復讐を誓う。

  • 20年前、亨は勤めていた会社が倒産、父は亡くなり病床の母も余命宣告されてしまった。絶望の縁にいた亨に救いの手を差し伸べてくれたのが犬飼大臣だった(第1話)。
  • 亨の父は犬飼に尽くし、過労死したという。その縁で犬飼は亨の母の入院費を援助していた。しかしこれは罪滅ぼしではなく『亨を利用するため』だったという(第3話)。
  • 第4話で総選挙での出馬を決意。この理由は『息子の事件を揉み消したのは国会議員の可能性が高く、権力者と戦うには権力が必要』と考えたから。

鷲津可南子 – 井川遥

(わしづ かなこ)…亨の妻。亨とともに復讐の手伝いをする。

  • かつて女性を支援するNPO法人に在籍しており、ここで犬飼とともに視察に訪れた亨と出会い、交際がスタートしたという。

鷲津泰生 – 白鳥晴都

(わしづ たいき)亨と可南子の中学生の息子。10月4日午後4時50分、学校の帰りに歩道橋から何者かに突き落とされ大怪我を負い、意識不明の状態が続いている。

犬飼孝介 – 本田博太郎

(いぬかい こうすけ)…衆議院議員。窮地を乗り切るためなら土下座もいとわない軽快なフットワークの持ち主。モナ王が好き。

  • 亨の息子が突き落とされた事件のもみ消しを亨に強要してきた(第1話)。
  • 亨に贈収賄を検察にリークされ、その後 急性心筋梗塞で搬送される。このとき『犯人が誰なのか知らない』と亨に証言した(第3話)。

蛯沢眞 – 杉野遥亮

(えびさわ まさと)…犬飼大臣の事務所で働く秘書見習い。大学院では植物学を専攻。

  • 会社を経営していた兄・浩輝(森田甘路)が犬飼大臣を信じたために過労死しており、犬飼を恨んでいる(第2話)。
  • 第4話で兄の陳情を担当したのが亨(草彅剛)だったと判明。亨はこの件を犬飼にエスカレーションしていなかった。

蛍原梨恵 – 小野花梨

(ほとはら りえ)…犬飼事務所の私設秘書。先輩である虹川のパワハラに悩んでいる。

虻川勝次 – 田口浩正

(あぶかわ かつじ)…政策秘書。蛍原にパワハラ・セクハラしまくるゲス男。

  • 第2話で亨の罠にはまり事務所を解雇された。※犬飼大臣に内緒でつけていた裏帳簿の存在がばれたこと、警察沙汰をおこした事など。

犬飼俊介 – 玉城裕規

(いぬかい しゅんすけ)犬飼議員の息子。政務秘書官を務める。

  • 建設会社から300万円の賄賂を受け取っていたことが判明(第1話)。
  • 上野駅でナンパした女性を突き飛ばした件で警察に連行される(第3話)。
  • 鶴巻幹事長に見限られ、総選挙出馬を断念する(第4話)。

竜崎始 – 高橋克典

(りゅうざき はじめ)…内閣総理大臣。犬飼大臣を注視している。

鶴巻憲一 – 岸部一徳

(つるまき けんいち)…民政党の幹事長。

鷹野聡史 – 小澤征悦

(たかの さとし)…代議士。亨の良き理解者。警察関係者に友人がいる。

  • 亨の国政選挙出馬を鶴巻幹事長に進言した(第3話)。

鴨井ゆう子 – 片平なぎさ

(かもい ゆうこ)…厚生労働大臣。日本初となる女性総理の座を狙っている。

熊谷由貴 – 宮澤エマ

(くまがい ゆき)…週刊誌「新時代」の記者。亨と組んで政治家の闇を暴いていく。

スポンサーリンク

罠の戦争 最終話までのあらすじ ※ネタバレあり

ドラマ『罠の戦争』あらすじの重要ポイントまとめです。第1話から最終話結末まで更新中♪ネタバレが含まれます。

第1話のストーリーまとめ

  • 衆議院議員・犬飼孝介の第一秘書を務める鷲津亨(草彅剛)。犬飼に救われた過去をもつ亨は、今日まで20年間、その恩に報いるため犬飼に懸命に尽くしてきた。
  • 犬飼主催の政治資金パーティー当日、亨の息子・泰生くん(白鳥晴都)が歩道橋から何者かに突き落とされ意識不明の重態に。
  • 亨は犬飼大臣から『事故だったことにしてくれ』と土下座される。大臣は何者かに事件のもみ消しを依頼されたという。
  • 大臣の要求を飲んだかに思えた亨だったが、心の中では復讐を決意していた。息子を突き落とした犯人を見つけ出し、犬飼大臣を失脚させる…妻の可南子(井川遥)にそう誓った。
  • 亨は大臣の傀儡として自分を陥れようとした政策秘書・虻川勝次(田口浩正)を復讐のターゲットにする。虻川からのセクハラ・ パワハラに悩んでいた私設秘書の蛍原(小野花梨)、さらに秘書見習いの蛯沢(杉野遥亮)を味方につけ、虻川のパワハラシーンを鴨井大臣(片平なぎさ)に目撃させることに成功。
  • 虻川のスキャンダルで責任を問われることなった犬飼大臣が釈明会見を開く。しかしマスコミに読み上げた原稿は亨がすり替えたもので、大臣はますます大炎上。亨の巧妙な罠が大臣たちを追い詰める。

第1話視聴率…9.3%

第2話のストーリー

  • 亨は虻川(田口浩正)を失脚させるため、彼が所持する裏帳簿のありかを探す。この帳簿には犬飼大臣の表に出せない金の流れが記されていた。新人秘書・蛯沢(杉野遥亮)の活躍でこの裏帳簿が支援者農家の倉庫から発見された。
  • 虻川は犬飼の怒りを買い、さらに亨が仕込んだ暴力事件を起こしたことでついに事務所を解雇された。
  • 蛯沢が犬飼大臣を恨む理由が判明。蛯沢にはかつて会社を経営する兄がいたが、資金繰りに困り犬飼に陳情書を提出していた。しかし犬飼は『善処する』と聞こえの良い返事だけでスルー。兄は過労で亡くなってしまったのだった。
  • 泰生くん事件について新情報が。亨の友人・鷹野(小澤征悦)が警察関係者に聞いたところ、事件の日、泰生くんはバスの中で帽子を被った男とトラブルになり、この男はバスを降りた泰生くんの後をつけていったという。さらにこの件は当初 事件として捜査されていたが、警察上層部の指示により事故扱いになったという。

第2話視聴率…9.4%

第3話あらすじ

  • 鷲津亨(草彅剛)は犬飼大臣の運転手から『泰生くんが突き落とされた翌日、大臣に日比谷プライムホテルに呼び出された』という話を聞く。大臣はホテルで何者かと会ったあと、政策秘書だった虻川に『知恵をかせ』と電話していたらしい。
  • 運転手によると、泰生くんを突き落とした犯人は犬飼大臣の息子・俊介ではないという。
  • 亨は犬飼大臣と猿渡建設との収賄情報を検察にリーク。地元事務所が家宅捜索を受けることに。
  • 犬飼は発作を起こし救急搬送。その途中『犯人は…俺も知らないんだ』と亨に告げた。
  • 犬飼の息子・俊介が上野駅でナンパした女性への暴行容疑で連行される。
  • 犬飼親子が失脚したことで、来る総選挙候補者が不在に。亨の友人・鷹野(小澤征爾)は鶴巻幹事長に亨の出馬を推薦した。

第3話視聴率…8.3%

第4話のストーリー

  • 総選挙への出馬を決意した亨(草彅剛)は、犬飼の地盤と選挙資金を得るため地元後援会長の鰐淵(六平直政)を味方につけることに成功。
  • 泰生くん事件で新情報が。亨の友人・鷹野(小澤征悦)によると、事件当日、警察は犯人と思われる帽子の男の身元をすでに特定していたが、捜査はその日のうちに打ち切られ、帽子の男が映るバス停付近の防犯カメラ映像も翌日に破棄されたという。
  • これにより事件隠蔽の黒幕は永田町の人間=国会議員である可能性が強まった。
  • 私設秘書の蛍原(小野花梨)が過去の陳情書の中に衝撃の一枚を見つける。かつて蛯沢(杉野遥亮)の兄が融資先を求めて犬飼事務所を訪れたさい、担当したのは亨だったのだ。
  • 亨はこの時、高血圧で倒れた犬飼大臣の対応で忙しく、蛯沢の兄の依頼を『善処する』の一言で片付けていた。その後、蛯沢の兄は融資を期待しながら過労死。兄の死の一因は亨の不適切な対応にあった…?

第5話のストーリー

泰生(白鳥晴都)を突き落とした犯人を明らかにするため、正式に出馬を決めた鷲津(草彅剛)だったが、その矢先、対立候補として人気フリージャーナリストの有馬保奈美が出馬すると聞かされる。

選挙ポスターの撮影に選挙事務所の設営と、公示を前に本格的な準備が始まると、可南子(井川遥)も事務所に顔を出すように。

梨恵(小野花梨)と眞人(杉野遥亮)、そして貝沼(坂口涼太郎)も、これから始まる選挙戦に向けてせわしなく動き回るが、そんななか、早速、有馬陣営から嫌がらせともいえる仕打ちが。さらに、竜崎によって頼みの応援演説の日程も次々と変えられてしまい、鷲津陣営は苦しいスタートを切ることになり…。

出典:カンテレ『罠の戦争』第5話

スポンサーリンク

罠の戦争 原作の結末は?

ドラマ『罠の戦争』は脚本家・後藤法子さんが手掛けたオリジナルストーリーとなっており、原作小説やマンガはありません。

結末は不明なので考察で盛り上がりましょう♪

脚本家・後藤法子さんさんのプロフィール情報

『罠の戦争』の脚本を担当した後藤法子さんのプロフィール情報です。

生年月日:1967年1月25日
出身地:福島県須賀川市
所属事務所:マツ・カンパニー

参考:ザ・テレビジョン 後藤法子

主な作品:『伝説の教師』『チーム・バチスタシリーズ』『銭の戦争』『嘘の戦争』『チア☆ダン』他多数。

罠の戦争 考察&ネタばれまとめ。黒幕の正体、結末はどうなる?

ドラマ『罠の戦争』ネタばれ情報まとめです。黒幕の正体や結末の考察もこちらに追記していく予定です。

※最新話視聴後にここに書き直しております。

  • 泰生くん転落事件の目撃者は若い女性だという。犯人逮捕のキーマンとなりそう。
  • 泰生くんを突き落とした犯人はバスの中にいた帽子の男が濃厚。第2話ではこの男と泰生くんがバス内でトラブルになり、バスを降りた泰生くんの後をつけていたことが判明。
  • 第3話で犬飼大臣の運転手が『泰生くんを突き落としたのは大臣の息子・俊介ではない』と証言。帽子の男は俊介ではなさそう。
  • 事件の翌朝、犬飼大臣は何者かにホテルに呼び出されていた。この時に事件の隠蔽を指示された可能性が高い。
  • 帽子の男はバス停近くの防犯カメラに映っており、警察はすぐに身元を特定していた。しかしその翌日に捜査は打ち切られ、防犯カメラ映像も消去されたという(第4話)。
  • 黒幕が犬飼大臣以上の大物となると、怪しいのは総理大臣(高橋克典)と鶴巻幹事長(岸部一徳)。第1話で総理が幹事長に『犬飼を注視するよう』指示していたのが気になる。犬飼が余計なことを喋らぬよう見張れ、という意味なのかも。泰生くんを突き落とした犯人は総理の息子…?
  • 犬飼大臣は『(もみ消しは)誰かが誰かに頼んでそのまた誰かが私に頼んできた』と言っていた。『総理が幹事長に頼んでその後に警察上層部に頼んで最後に犬飼に頼んできた』なら辻褄があいそう。
  • 亨は『犬飼大臣は根はいい人』と言っていた。これが事実なら、結末は大臣が正義に目覚め、亨に協力する胸アツな展開になるかも。
  • 登場人物すべての名前に動物の漢字が含まれており意味深に感じますが、実は『罠の戦争』の前々作『銭の戦争』では色を表す漢字、前作の『嘘の戦争』では数を表す漢字がキャスト名に入っており、特に暗号めいた意味はありませんでした~。※戦争シリーズの”あるあるネタ”。

※考察まとめはドラマ視聴後にこのページに更新しております。※ブクマ推奨。

『嘘の戦争』『銭の戦争』との関係は?

草彅剛さんが主演をつとめる『罠の戦争』とこれまでの”戦争シリーズ”との関係をまとめました。

  • 最新作『罠の戦争』は後藤法子氏が脚本、三宅喜重氏が演出を手掛けており、お二人は銭の戦争(2015年)、嘘の戦争(2017年)でも脚本演出をそれぞれ担当しました。
  • 『罠の戦争』と『銭の戦争』ドラマ作中の音楽は音楽プロデューサーの菅野祐悟氏が担当。※『嘘の戦争』は林ゆうき氏が担当。
  • 戦争シリーズ第一弾『銭の戦争』は草彅剛さん演じる主人公・白石富生が失った財産を取り戻すストーリー、第二弾となった『嘘の戦争』は草彅さん演じる主人公・千葉陽一が詐欺師となって家族を死に追いやった者たちに復讐するというストーリー。
  • シリーズ物ではありますが登場人物や設定はそれぞれ違っており、物語に接点はありません。

嘘の戦争ってどんな物語?考察&結末レビューはこちら♪

戦争シリーズ第二弾『嘘の戦争』の考察とレビューはこちら※ネタバレあり。

【嘘の戦争】最終話ネタバレ感想※イラストあり。

嘘の戦争 全記事一覧。

ドラマ『罠の戦争』の最新情報と考察はこのページに随時追記していく予定なのでお楽しみに♪

最後までお読み頂きありがとうございました~☆

スポンサーリンク

こちらもチェック♪話題のドラマのネタバレ記事

過去の名作から最新ドラマまで。話題作の記事一覧です。※結末ネタバレが含まれる記事があるのでご注意ください。

2023年ドラマ【100万回言えばよかった】ネタバレ考察と各話のストーリー。結末はどうなる?

2023年ドラマ【大病院占拠】櫻井翔主演のタイムリミット・サスペンス!黒幕の正体をネタバレ考察。

2023年ドラマ【警視庁アウトサイダー】ネタバレ・あらすじ・考察を結末まで。各話視聴率も。

吉高由里子主演ドラマ【最愛】最終回結末までのネタバレと感想。

二宮和也主演ドラマ【マイファミリー】最終話結末をネタバレ解説。

【テセウスの船】原作マンガの解説※結末ネタバレあり。

スポンサーリンク

罠の戦争 公式SNS、YouTube、見逃し配信サイト

罠の戦争【公式ツイッター】

罠の戦争【公式インスタグラム】

罠の戦争【公式YouTubeチャンネル】

罠の戦争【Tver】見逃し配信※最新話のみ

罠の戦争【フジテレビ公式FOD】配信動画※登録あり

スポンサーリンク

【この記事のカテゴリー】

ネタバレ-あらすじ
\シェアありがとうございます! /
スポンサーリンク

この記事をブログで紹介♪

この記事をブログなどでご紹介いただける場合は以下のurlをコピー&ペーストしてご利用ください。

【url】

https://hitokoto-mania.com/wananosensou-netabare-spoiler-story/

【タイトル】

【罠の戦争】ネタバレ考察と結末までのあらすじ。黒幕の正体、原作の情報など
※タイトルはご自由に♪
【著者プロフィール】
【この記事を書いた人】
ヒトコトマニア

ドラマとスターウォーズ好きのアラサー会社員。現在ドラマ『100万回言えばよかった』にドハマリ中♪

ヒトコトマニア | ドラマのあらすじ、ネタバレ