【私の家政夫ナギサさん】ユイ(趣里)の和解とナギサさんの経歴!第5話ネタバレ・あらすじ

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』第5話のあらすじをご紹介します。※ネタバレあり

今回はメイ(多部未華子)とナギサさんが協力し、ケンカ中の母と妹のユイ(趣里)を仲直りさせるための作戦を決行します。

物語のラストではナギサさんの衝撃の過去も判明!いったいナギサさんて何者!?

スポンサーリンク

私の家政夫ナギサさん 第5話あらすじ&ネタバレ

ナギサさんの趣里

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』第5話(2020年8月4日放送)ネタバレ&あらすじ

▼ここから▼

営業先の医師・肥後先生に結婚を前提とした交際を申し込まれちゃった相原メイ(多部未華子)。『しばらく考えさせてください』と返事を保留にした。

数日後の夜、会社の飲み会から帰宅すると、母の美登里(草刈民代)が台所で料理をしていた。もうじき還暦を迎える夫(メイの父)のために、ナギサさんから料理を教わっていたのだ。

『ユイも呼んだら?』と聞くメイだったが、母はとたんに険しい表情を浮かべる。『あの子が謝るのが先よ!』

ネタバレ:メイの妹・ユイ(趣里)は大学在学中にデキ婚をしたことで母とケンカになり、もう3年も実家に戻っていない。

母が帰ったあと、メイはユイと母を和解させるための”ある作戦”を思いつき、ナギサさんに耳打ち。『なるほど!やってみましょう』

作戦会議のあと『わたし、ナギサさんの事もっと良く知りたいです』というメイに、ナギサさんはこう答えた。『わかりました。用意してきます。』

用意する…?一体なにを?^^;メイは気になりすぎて、その夜一睡も出来なかった…。

アイス顔面ベチョ事件で妹のユイ(趣里)と母を仲直りさせる作戦を思いついたメイ

翌日、出勤したメイは後輩社員の瀬川(眞栄田郷敦)とともにある商店街へ。

閉店しているお店が目立ち、『やっぱり…!』と顔を見合わせるメイと瀬川。ここ周辺にちかじか総合病院が建設される噂があり、店舗の買収が始まっていたのだ。

ここでメイはライバルMRの田所(瀬戸康史)と遭遇。彼も総合病院のリサーチをしに来たに違いない。

こっちの情報を漏らさないよう警戒するメイだったが、天然の瀬川がペラペラいらんこと喋ってしまった。『余計な事言いやがってー!』と鬼化するメイ^^;

その帰り道、車の中でアイスを食べていた瀬川(眞栄田郷敦)がうっかり顔面にアイスをベチョッ!

これを見たメイはまたしても妹のユイ(趣里)と母を仲直りさせるナイスアイデアを思いついた。『これは…使える!』

肥後先生にプロポーズの返事を催促されるメイ

メイと瀬川は肥後すこやかクリニックへ。新しく出来る総合病院の情報を得ようと遠回しに探りを入れたが、肥後先生にはぐらかされてしまう。

話の流れで肥後先生と食事の約束をしちゃったメイ。『その時にあの返事ください。』と催促されてしまった…。

解説:メイは以前、肥後先生から求婚され、返事を保留している。

ナギサさん第5話あらすじ:還暦パーティー当日

『家政夫のナギサさん』第5話ネタバレ&あらすじの続き

父の還暦祝いに妹の唯(趣里)を呼ぶため、水面下である作戦を遂行中のメイ。

この日、協力者のナギサさんから『準備できました』とメールが届き、さらに後輩社員の瀬川(眞栄田郷敦)もメイに依頼されたある映像を完成させた。

そして迎えた還暦祝い当日。ナギサさんがユイ(趣里)とともにメイの実家にやってきた。母と顔を合わせたくないユイだったが、『ナギサさんのお手伝い』という名目で、メイが強引に連れてきたのだ。

『おかえり…!』と笑顔で迎えた父。問題は母だ。ケンカにならなければいいのだが…。

しばらくしてその母(草刈民代)も登場。ユイは顔バレしないようパーティー仕様のド派手サングラスをつけて変装した(笑)

ユイ(趣里)を拒絶する母

料理が完成し、パーティーがスタート。『相原家の奇跡のポークグラタン』『豚の角煮ホワイトソース』『桜でんぶたっぷりのちらし寿司』など、ナギサさんが作った料理は全て、相原家の思い出の料理を再現したものだ。

料理に舌鼓をうっていると、父がおもむろにこう言った。『言いたいことを言わせてもらうよ。俺は…ユイに戻ってきてほしいんだ』

メイも母の説得を開始。『私達はもう子供じゃないのよ。』

しかし強情な母は『あの子は私に謝ってない!』とバッサリ…。

相原家のハンバーグ

メイはパソコンとテレビをつなぎ、家族のなつかし映像を再生。

家族旅行や、車の中でユイがアイスを顔にベチャっとしちゃうシーンなど、どれも思い出深いものばかり…(この映像はメイの依頼で瀬川が編集したもの)

『親にとって子供の記憶って、いつまでも小さくて可愛い頃のままなのよね…』と遠い目をする母…。

ナギサさんは本日のメインディッシュとなるハンバーグを配膳。一口食べた母が驚きの表情を浮かべる。『どこかで食べたことある…?』

これは”相原家のハンバーグ”だった。

【解説:相原家のハンバーグとは?】

メイとユイが幼少の頃、料理下手の母が作ったハンバーグが物足りず、マヨやら調味料をチョい足しし独自アレンジを加えていた。これがいつしか”相原家定番のハンバーグ”になっていたのだ。

思い出のハンバーグを食べ、頑なだった母が心を開く。目に涙を浮かべこう言った。『なつかしいね?ユイ♪』

どうやら母は、ナギサさんのアシスタントがユイだととっくに気づいていたようだ。

『バレてた?』サングラスを外したユイ(趣里)の目にも涙が…。

ついに和解した母娘。メイとナギサさんは作戦成功を祝してグータッチ♪その後、ユイの家族もこの場に現れ、家族は一家団欒の時を過ごした…(^^)

ナギサさんの衝撃の経歴が判明!

後日、メイ(多部未華子)はこの前のお礼に高級牛肉をナギサさんにプレゼント。一緒に食べましょうとなり、今夜は焼き肉だ(ホントはすき焼き用の肉w)

メイが肉をパクツイていると、ナギサさんが『これ、お約束のものです』と何かを渡してきた。それはまさかの履歴書

『ナギサさんの事もっと知りたいって、そういう意味じゃないんだけど^^;』

困惑気味に履歴書に目を通していると、まさかの経歴が判明する。

ナギサさんはかつて、業界最大手のイルマーレ製薬のMRだったのだΣ(゚Д゚)ここは優秀なメイですら就職できなかった超優良企業!

『ナギサさんて…何者!?』

ナギサさんを知るどころか、ますます分からなくなってしまったメイだった…。

【私の家政夫ナギサさん 第5話 終】

メイの妹・ユイを演じる趣里さん

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』でメイの妹・ユイを演じる趣里さんのプロフィール情報をご紹介します♪

本名:水谷 趣里(しゅり)

生年月日:1990年9月21日(29歳)

出身地:東京都

身長:158 cm

血液型:O型

父親:水谷豊

母親:伊藤蘭

参考:https://ja.wikipedia.org/趣里

趣里さんの略歴

  • 4歳の時からバレエ団にてクラシックバレエを習い始めイギリス留学も果たすが、15歳の時にアキレス腱断裂の大怪我を負い、バレリーナへの道を断念。その後、女優を志す。
  • 2011年、『3年B組金八先生ファイナル 4時間SP』のオーディションに合格し女優デビュー。
  • 2016年、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演し、その演技力が話題となった。
  • 2018年、映画『生きてるだけで、愛。』で主演を務め、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

参考:https://www.topcoat.co.jp/artist/shuri/

※趣里さんの情報は随時更新中です。

家政夫のナギサさん 次回のストーリー

家政夫のナギサさん 第6話のあらすじをご紹介します。

ナギサさん(大森南朋)が実は自分と同じMRだったことを知ったメイ(多部未華子)は、ナギサさんの過去にますます興味を抱く。

しかしナギサさんは私生活については一貫して秘密主義を貫き、謎のまま…あの手この手でナギサさんの私生活を暴こうと、ついには尾行を決行!すると、いつもとは違うナギサさんの表情に出くわす。

一方、メイのことが気になる田所(瀬戸康史)は、ナギサさんが本当にメイの父親なのかと疑心暗鬼になっていた…。

スポンサーリンク

家政夫のナギサさん 関連記事

『家政夫のナギサさん』関連記事一覧です。

家政夫のナギサさん ネタバレと原作マンガ結末

家政夫のナギサさん 原作マンガ最終話のストーリー

家政夫のナギサさん 箸尾さんの正体を原作マンガよりネタバレ

家政夫のナギサさん 全記事一覧

スポンサーリンク
ネタバレ-あらすじ 家政夫のナギサさん

この記事をブログで紹介♪

この記事をブログなどでご紹介いただける場合は以下のurlをコピー&ペーストしてご利用ください。

【url】

https://hitokoto-mania.com/watanagi-syuri/

【タイトル】

【私の家政夫ナギサさん】ユイ(趣里)の和解とナギサさんの経歴!第5話ネタバレ・あらすじ
※タイトルはご自由に♪
ヒトコトマニア

ドラマとスターウォーズ好きのアラサー会社員。現在『危険なビーナス』にドハマリ中♪

ヒトコトマニアをフォローする
スポンサーリンク
ヒトコトマニア | スターウォーズやらドラマのあらすじ、ネタバレやら
タイトルとURLをコピーしました