絶対零度 青いバラの意味とは?最終話結末の感想。続編に期待!

絶対零度シーズン3 最終話のあらすじと感想です。※ネタバレあり。

前回のラストでついに登場した桜木泉(上戸彩)!彼女が追う黒幕は一体誰なのか?日本に戻ってきた理由は何か?全ての謎はミハンシステムの隠された過去にありました。

井沢の家族の事件、ベトナムで桜木が巻き込まれた事件。これらがついに一つに繋がります!全てを知った井沢は復讐の鬼と化し…!?

スポンサーリンク

絶対零度 青いバラの意味とは?最終話あらすじ感想。続編に期待!

絶対零度 最終回の感想と青いバラの意味

絶対零度シーズン3 最終回(2018年9月10日放送)ネタバレあらすじ感想。

誘拐ビジネス組織に拉致されボッコボコにされてしまった山内(横山裕)。そこに桜木泉(上戸彩)が現れ、一瞬で悪者たちをブチのめし山内を救出した!

去ろうとする桜木の前に現れた井沢(沢村一樹)。『桜木泉さん…ですね?なぜここに??』

桜木は『イザワノリト、あなたはミハンに組み込まれた人間?』と謎の質問をすると、クールにその場を去っていったε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

ミハンのアジトに戻った井沢たちは、桜木泉の件で盛りあがる。『なんでミハンを知っていた?なんでー?』『長島さん(北大路欣也)が彼女に協力していたのかも?』

するとこれまで黙っていた東堂(伊藤淳史)がまさかのセリフを口にする。『今回我々は桜木泉を危険人物として追います』Σ(゚Д゚)

東堂は桜木が銃を不法に所持していたこと、さらにベトナムから日本に不法入国したことなどを挙げ、全力で彼女探せと井沢たちに指示した。

スポンサーリンク

絶対零度最終話:ベトナムへ!

井沢(沢村一樹)と山内(横山裕)は桜木泉の情報をつかむためベトナムに向かった。桜木の死の偽装に協力した現地の元刑事・クエンさんに話を聞く二人。『サクラギイズミ、トモダチネ!』

    【クエンさんの話】

  • クエンさんは犯罪捜査を学ぶため日本にいた時期があり、その時桜木泉と知り合い仲良くなった。
  • 今から一年前、ベトナムで潜入捜査にあたっていた桜木はクエンさんと再会。桜木は相棒の赤川刑事とともに朝日証券社員・谷口という男を追っていた。谷口は婚約者とその父を爆弾で吹っ飛ばそうと計画しており、犯行直前に赤川刑事が谷口をあの世送りにした。
  • その後、赤川刑事はホテルの屋上から謎の転落死を遂げる。その翌日、何者かに追われていた桜木泉は失踪ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
  • その一年後、ベトナムで潜伏中だった桜木泉がクエンさんに連絡し、『日本に戻る手助けをしてほしい』と告げる。クエンさんは『イイヨw』と快諾し、身元不明の焼死体を桜木に仕立て上げて死を偽装。桜木は身元を偽り日本に帰国した。

日本に戻った井沢と山内は、ベトナムで桜木泉が追っていた谷口という男の調査を進める。谷口には由希子という婚約者がおり、彼女の父が副社長を務める会社で働いていた。しかしある時、谷口に窃盗の前科があることが判明。父は谷口をクビにし婚約も破棄。谷口は逆ギレし婚約者とその父を手に掛けようとしていたようだ。

桜木泉と赤川刑事が谷口の犯行を防いだ後、赤川はホテルの屋上から謎の転落死を遂げる。実は彼は無くなった井沢の妻の元同僚で、赤川は無くなる前日に井沢の妻に謎の電話をしていた。その翌日 井沢の妻と娘は殺害された。

桜木泉が追っていた谷口の事件と、井沢の妻娘の事件…。これらは一つに繋がっていると井沢は考えた。

絶対零度最終話:青いバラ

井沢は谷口の元婚約者・由希子の元を訪れる。彼女はギリシャ神話で『存在しないもの』の象徴である青いバラの開発に力を注いでおり、谷口との出会いもこのバラがきっかけだったという。

谷口は前科がある事を自分から父に話したという。しかし父に受け入れて貰えず復讐に走った彼を、由希子は許してはいなかった。

青いバラの意味

青いバラ

絶対零度 最終回で登場した「青いバラ」の意味をご紹介します。

ギリシャ神話では青いバラは不在をあらわし、手に入らないものの象徴として描かれています。バラは青い色素をもたず、作り出すのが非常に困難だからです。

これにより青いバラには『叶わぬ愛』『叶わぬ夢』というネガティブなイメージがついていました。

しかし近年、技術の向上により青いバラの生産は不可能ではなくなりました。これにより青いバラの花言葉は『夢が叶う』『奇跡』などポジティブなものに変わっていったといいます♪

ドラマ【dele/ディーリー】五本のバラの意味とは?

谷口の弟

小田切(本田翼)は谷口が眠る墓地を訪れ、彼の弟に話を聞く。弟は『アニキの墓参りに来た奴はアンタが初めて』と言った。

谷口兄弟は大変ボンビーな幼少期を過ごしており、兄は生活のために窃盗事件を起こしてしまったという。事件の少し前、谷口は弟に電話で『青いバラだって作るのは不可能じゃない。俺も一からやり直すよ』と人生再起の決意を語ったそうだ。

『バカなアニキだよ』弟は吐き捨てるように言った。

絶対零度最終話:桜木はミハンの捜査員だった?

井沢(沢村一樹)は『なぜ桜木泉は谷口が犯罪を犯すことを知っていたのか?』と疑問に思う。谷口は犯行前、予告ともとれる脅迫メールを婚約者の父に送っていたが、これは警察上層部の謎の圧力により捜査官たちに公開されていなかったのだ。

『事件が起きる前に動いていた桜木泉…まるでミハンの捜査じゃないか!』

すると南がある情報をつかむ。谷口が勤めていた証券会社が、誘拐ビジネス組織と繋がっていたのだ。

『そうか…そういうことか!』一人だけ勝手に納得する井沢。何の事かわからない山内たち…^^;

そこに東堂から連絡が入る。『蒲田のビジネスホテルに至急向かってください!』

ホテルに駆けつけると、桜木泉がウサミヨウスケと戦っていた!応戦した山内と小田切によりウサミは確保。警戒する桜木泉に、井沢は『僕たちは君の敵じゃない』と言った。

桜木泉が追っていた人物はまさかの…!?

桜木泉(上戸彩)がウサミを追っていた理由…それは元相棒の赤川を殺害した犯人だからだ。亡くなった赤川のツメにはウサミと格闘したときのDNAが残っており、桜木はウサミをとっ捕まえて証拠を得ようと思っていたのだ。

『全ての証拠を手に入れて、あの男に突きつける…』ウサミヨウスケの背後にいる黒幕…彼こそが桜木泉が追っている人物だった。

井沢は桜木の話から全てを悟った。

    【谷口の事件と井沢の家族の事件の繋がり】

  • 桜木と赤川はミハン設立時の初期メンバーだった。
  • ミハン第一号として検知されたのはベトナムにいた谷口。しかしこれはミハンの誤検知だった。谷口は誘拐ビジネス組織と自社の繋がりを知った婚約者の父親を殺害するために、誘拐組織に利用されていたのだ。
  • 赤川刑事は無実の谷口を射殺。のちにこれが冤罪事件だと知ったミハンは、このテストケースを『ゼロ号』とし全ての記録を隠蔽した。
  • その後、事実を知った赤川と、彼から連絡を受けた井沢の妻は黒幕の指示によりウサミヨウスケが殺害。桜木は追われる身となった。

黒幕の正体に気付いた井沢は桜木にこう言った。

『今から私がその男と話してきます。東堂定春と…』

絶対零度最終話:東堂にキレる井沢!

ミハンのアジトに到着した井沢は、突っ立っていた東堂に怒りをぶつける。冤罪事件を闇に葬ったこと、家族が犠牲になったこと…。

全てを認めた東堂は銃を机に置き、『あなたは私を撃つ権利がある』とつぶやく。井沢は東堂を壁に押し付け、こう言った。

『あんたはずるい人間だ!…撃てるわけ無かろう!』

涙を流し、その場に座り込んでしまった井沢。そこで東堂が桜木泉をある人物から守ろうとしていた事に気づき、その黒幕の正体を訪ねた。

警視庁次長 町田広隆…

東堂の上司である町田次長は、ミハンが完成したら警視庁長官になる予定だった。出世のために冤罪事件を隠蔽し、ミハンの誤検知を闇に葬ったのだ。

『私が決着をつけます。』

東堂はそう言うと、町田の元に向かった。

東堂が襲われる!

東堂が去った後、ミハンシステムが新たな危険人物を検知した。井沢はモニターに映し出されたこの男の現在地を見て衝撃を受ける。東堂の後をつけていたのだ!

井沢が駆けつけると、東堂はすでに襲われており、腹を刺されていた。東堂を救った井沢はその足で警察庁へと向かう。東堂の返り血を浴びて真っ赤に染まった井沢の服…。町ゆく人は『あいつ大丈夫?』『超やべー!』と悲鳴をあげ、井沢の行く道をあけた。たまたま通りかかった捜査一課の早川をガン無視して歩みを進める井沢!

絶対零度最終話:井沢、修羅と化す!

警察庁についた井沢は鬼の形相で町田次長めがけてまっすぐ突き進む。『あいつを止めろー!』と指示する町田次長。しかし井沢は立ちはだかる警察官たちを跳ね除け、町田をゲットして別室に連れ込んだ。

到着した山内と小田切だったが、井沢は部屋を施錠しており入ることが出来ない。『井沢さん!』『やめてー!』

町田次長はビビリ顔で『こ、こんなことしてただで済むと思ってるのか?』と脅す。井沢は答えるかわりに足蹴りを食らわせた。

観念した町田は『ゴメンわかった♪全部認めるからww』と謝罪。しかし井沢は銃を向け『うあ”ぁっごふぁぁんふぉぁ”』と絶叫しながら引き金を引いた!

ドアを蹴破り突入した山内と小田切。町田は無事だった。『出来なかった…みんなの声が聞こえて…』と涙を流す井沢。

嗚咽する井沢…。山内たちも号泣(T_T)しかしこの様子を無線で聞いていた桜木泉は『やっちまえばいいのに』とバイオレンス発言をかました((((;゚Д゚))))

泣き終わった井沢は山内たちを振り返り、『お腹空いたねwww』と笑った。そこにはいつもの明るい井沢の姿が…。

桜木泉は無言で資料室を去っていった…。

絶対零度 最終話 結末

その後、警察の一連の不祥事がニュースで報じられた。町田次長は殺人教唆で逮捕され、東堂も刑務所にIN。

谷口の無実を知った元婚約者は青いバラを墓前に手向けた…。

後日、井沢は服役中の東堂を尋ね、ミハンの法制化が延期になったことを報告した。暗い表情で抜け殻状態の東堂…。井沢は彼の襟首を掴んで引き寄せた。

『あなた、死ぬつもりですね?でもあなたにはミハンを見届ける義務がある。だから生きろ。生きてくれ!』

涙を流す東堂…。そこに井沢の無線が鳴り、ミハンシステムが新たな危険人物を検知したことを告げられる。

井沢は東堂に笑顔でこう言った。

『じゃあ止めてきます!これから起きる犯罪を!』

【絶対零度 最終話 終】

絶対零度 最終話 感想

絶対零度シーズン3最終回の感想です。いや~まさかというか、やっぱりというか、黒幕に東堂さんが絡んでいましたね~!ショック!Σ(゚Д゚)

ミハン実現への強い思いから、冤罪事件を闇に葬ってしまった東堂。犠牲者たちに直接手を下したわけではありませんが、町田次長の悪事を見てみぬフリをしていた彼も同罪ですね。。

うーん、誰よりも罪を憎む東堂が、間違った正義を追い求めてしまった事が残念です(T_T)未来の被害者を救うことも大事ですが、目の前の被害者の無念や、被害者遺族の悲しみをもっと考えてほしかったな…。凶悪事件で身内を失った彼ならなおさらに…。

最後にラフな留置場ファッションで登場した東堂さんはちょっと新鮮でしたけど(笑)

鬼と化した井沢!

敵の牙城にたった一人で乗り込んでまっしぐらに町田次長の元に突き進んだ井沢。彼を止めようとする職員たちの弱いこと弱いこと…^^;(ゾーンに入った井沢が強すぎ?)

町田に銃を突きつけたシーンは、このドラマが始まってからずっと感じていた狂気の男・井沢範人の集大成でしたね。『こりゃ撃つな…』とドキドキしながら見てましたが、彼は予想に反し銃を下ろしました。

『みんなの声が聞こえた…』と涙する井沢。ミハンチームの皆それぞれが辛い経験を乗り越えて今日に至る中、自分だけが一線を超えるわけにはいかない…。そして凶悪犯罪者への復讐に走り、自ら命を絶った田村さんの『ミハンを必ず実現させてください』という声も、この時の井沢に蘇っていたのかも。。

暴走しそうな自分を仲間たちの声が救ってくれた。。。これまで結構バラバラな感じだったミハンチームが、ようやくひとつになったのかな~と思えるシーンでした。

それにしても『お腹空いたね♪』の切り替えが早すぎΣ(゚Д゚) でもこのセリフで『あぁいつもの井沢さんに戻ったんだな』と一発でわかりますね(*^^*) あの後みんなで何食べたんでしょう…?料理といえば小田切のオムライスや、井沢の野菜炒めを思い出しますねw

桜木泉はどうなった?

全てが片付いた後、無言で去ってしまった桜木泉(上戸彩)。彼女はその後どうなったのでしょう…?なんとか長島さん(北大路欣也)に裏で手を回してもらって、不法入国とか銃所持とかもみ消してもらいたいです。(かなり無理^^;)

井沢が町田次長を撃とうとした時『ころしちゃえばいいのに』と怖~いセリフを呟いていた桜木。多くの人が犠牲になった事件には違いないですが、シーズン1から見ている僕としては『こんなこと言う子じゃない^^;』とちょっと違和感を感じました。ベトナムでの辛い経験が彼女を変えてしまったのでしょうか…?

もしかすると亡くなった赤川刑事は、桜木にとって相棒以上の大切な存在だったのかも…?と勘ぐってみたり。

南と板倉さんのロマンス

えーっと、黒幕以上に気になってたんですけど、南と板倉さんのロマンスの行方…。南がフラレてジ・エンド的な結末を予想してたんですが、どうも板倉さんはガチで南に惚れてるようですね^^;

いったい南をどのタイミングで好きになったのか?というか顔がタイプ?以前 整形しようかなって言ってた南に『ダメです!』って力強く反対してたし。

もし二人が付き合ったら、小田切が『あんたには勿体ない!』とか視聴者代表してボロクソ言ってきそう…。

絶対零度 最終回 感想まとめ

なぞの処刑人、井沢の過去、桜木泉の失踪の理由など、謎だらけでスタートした『絶対零度シーズン3』。全ての謎は明らかとなり、最後は東堂の悲願だったミハン実現化を井沢が引き継ぐという結末となりました。

誤検知やプライバシー侵害の問題など、まだまだ実現化には問題山積み!という気がしますが、いつの日かミハンが支える平和な世の中が実現すればいいな~と思います。

一見 夢物語のようなミハン実現化…。しかし努力と熱意を失わなければいつかきっと夢は叶う…。最終回に登場した青いバラには、そんなメッセージがあったのかも知れませんね。。

そしてもちろん続編に期待です!桜木泉のその後も知りたいし(ミハンに戻って潜入捜査のイロハを小田切たちにスパルタ教育!とか見たい。)、あと個人的に小田切(本田翼)が過去に男に襲われた(?)エピソードの詳細も気になります。あとは南と板倉さんの恋の行方も…w

以上、絶対零度シーズン3 最終話のネタバレあらすじ感想でした~(*^^*)

絶対零度 関連記事

2018年最新ドラマのネタバレあらすじ

2018年7月スタートの夏ドラマ関連記事♪※原作ネタバレが含まれるものがあります。

スポンサーリンク