絶対零度 白石麻衣と白い巨塔!亀って誰?第8話ネタバレあらすじ

「絶対零度」シーズン3 第8話のネタバレあらすじと感想です。

今回のゲストは乃木坂46の白石麻衣さん!最愛の恋人を死に追いやった人物への復讐を果たすため、整形したりウェディングドレス姿で銃を構えたりと大暴れしちゃいます。

さらに今回は絶対零度シリーズのあの大御所キャラも再登場!桜木泉(上戸彩)失踪の謎がいよいよ解明されるのでしょうか…?

沢村一樹さん演じる井沢範人は懐かしの名作ドラマ『白い巨塔』のキャラに扮し潜入捜査!このシーン、一番テンション上がりました(笑)

スポンサーリンク

絶対零度 白石麻衣と白い巨塔!第8話ネタバレ感想

絶対零度 白石麻衣と白い巨塔

絶対零度シーズン3第8話(2018年8月27日放送)のネタバレあらすじ感想。ゲストは乃木坂46の白石麻衣!

井沢(沢村一樹)の家族を殺害したウサミヨウスケが釈放された。お迎えに出向いた井沢は『誰に頼まれた?』と犯行の理由を聞く。ウサミは答えず、二人は激しいバトルを繰り広げる。しかし警備員が止めに入ったスキに、ウサミは逃走してしまったε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

ミハン本部に戻った井沢は、責任者の東堂(伊藤淳史)からミハンシステムが新たな危険人物を検知したことをつげられた。

危険人物:砂田マユミ(25歳)市役所勤務。一週間後に結婚式を挙げる予定がある。

検知された理由:先月 違法に銃を入手しており、何者かの殺害計画を立てていると予測された。

スポンサーリンク

白石麻衣はなぜ整形を…?

マユミ(白石麻衣)にはある不可解な謎があった。彼女は三年前、美人であるにも関わらず整形をしていたのだ。何か顔を変えなくてはならない理由があったのだろうか…?

マユミの勤務先である市役所を訪れた井沢と小田切(本田翼)。『婚姻届を提出しにきたカップル』になりすました二人はマユミの前でケンカを始め、彼女の気を引くことに成功。小田切は『明日一緒にランチしませんか?』とマユミを誘った。

翌日、マユミ(白石麻衣)の家を訪れた井沢と小田切は、婚約者の神谷統一郎と慶徳大学病院理事長である父親を紹介される。井沢はイベリコ豚を使用した激ウマ料理に舌鼓を打ちながら『うちの妻はおっかなくてw』と妻役を演じる小田切をディスる。テーブルの下で小田切に蹴られまくる井沢…(笑)

神谷の父は息子を溺愛しており、『統一郎には幸せになってもらいたい』としみじみ話した。マユミは『忘れられない結婚式にします』と笑顔で言った。

マユミ(白石麻衣)はストーカー被害者だった!

その時、隣の部屋から大きな物音が!駆けつけると割れた窓の下に石が転がっていた。一体誰が…!?石を包んでいた紙にはこう書かれていた。『地獄に堕ちろ、ゲス女』

実はマユミ(白石麻衣)は以前からストーカー被害に悩まされていたのだ。マユミは心配する神谷の父を安心させるため『警察には言わなくても大丈夫です』と言った。

後日、マユミはこのストーカーに拉致されてしまった!追跡を開始した山内と小田切が居場所を突き止めストーカーをフルボッコ!マユミは無事救出されたε-(´∀`*)ホッ

北大路欣也が絶対零度に再出演!

山内(横山裕)は、マユミの女友達と接触し情報を探る。するとマユミには三年前に亡くなった幸太という元彼がいたことが判明した。

そこに今やすっかりミハンチームの一員となった資料課の南から無線連絡が入る。『大変です!』

一体何事か?と資料課に戻った山内は衝撃を受ける。そこにはかつての上司・長嶋(北大路欣也)が待っていた。紙パック黒酢牛乳ドリンクを『ほれ』と山内に渡す長嶋。ベトナムで謎の死を遂げた桜木泉(上戸彩)の件で思い悩む山内を察し

『桜木は亀だがお前は無鉄砲なウサギだ。何も考えずに突っ走れ!』

と元気づけた。

その夜、長嶋(北大路欣也)は井沢(沢村一樹)をバーに呼び出し、今の仕事についての意見を聞いた。ミハンプロジェクトは極秘のため『データ処理の雑用ばかりですよ』とごまかした井沢。しかし長嶋は『…もう一つの仕事の方だよ』と真顔で聞いてきた。

長嶋はミハンを知っていたのだ。

白石麻衣の復讐

翌日、砂田マユミ(白石麻衣)の元彼・幸太の調査を進めるミハンチーム。幸太は三年前、建築資材の落下に巻き込まれ死亡してしたが、ここでまさかの事実が明らかとなった。

幸太が搬送された病院は今の婚約者・神谷統一郎の父が理事長を勤める病院だったのだ。そして幸太が搬送された三年前、統一郎は心臓移植手術を受けていた。

脳死判定された幸太の心臓が統一郎に移植されたのでは…?真相を確かめるため、井沢は外科医になりすまし、当時の執刀医・都築に接触を試みる。

すると都築は外科部長のポストを得るため、理事長の命令により幸太をわざと脳死状態にし、彼の心臓を統一郎に移植していた事が判明した。

偶然真実を知ってしまったマユミ(白石麻衣)は復讐を誓い、整形で別人になりすまし統一郎に接触。直接 理事長に復讐するよりも、溺愛する息子を葬ったほうがダメージが大きいと考えたのだ。

マユミのターゲットは統一郎。そして復讐の決行日は結婚式当日。この日は元彼・幸太が脳死判定を受けた日だった…。

結婚式当日。

結婚式当日。ウェディングドレスに身を包んだマユミ(白石麻衣)はゆっくりと統一郎に近づく。立ち止まると銃を取り出し統一郎に向けた。

『あなたは私から幸太を奪った…だから私も奪う!』

この言葉を聞いた統一郎の父は、ようやくマユミの正体に気付き衝撃を受けた『君は…あの時の!?』Σ(゚Д゚)

銃を向けられている統一郎だったが、怯えること無く笑顔でこう言った『ごめんねマユミ…僕が生きていることで辛い思いをさせて…』

引き金を引くマユミ!…しかし弾は発射されなかった。実は先日のランチ会の時、井沢はこの銃を神谷家の暖炉の中で発見し、密かに弾を抜いていたのだ。

婚約者が毒物を…!

立ち尽くすマユミ(白石麻衣)…すると統一郎が突然苦しみだし、その場に倒れ込んでしまった。どうやら毒物を飲んだようだ。実は統一郎はかなり前からマユミの正体に気付いており、死を覚悟してこの結婚式にのぞんでいたのだった。

マユミにプロポーズした際『君のためだけに生きる。約束するよ。』と言っていた統一郎。この言葉の裏には、幸太からもらった命をマユミの幸せのために使いたいという想いがあったのだ。自分が死ぬことで彼女が幸せになるのなら、甘んじて復讐を受けよう…。統一郎はそう覚悟していたのだった。

マユミは涙を流しこう叫んだ。『彼を助けて!何でもします!彼を…』

亀は生きていた!

夜。資料課に戻ったミハンチームは、病院に搬送された航一郎が一命をとりとめた事を知らされる。彼の父である理事長は逮捕され、マユミ(白石麻衣)も自首をした。『これからどう生きるかは彼ら次第だ。でも復讐の炎は消えた。これだけは確かだ。』井沢はそうつぶやいた。

その頃、長嶋(北大路欣也)はミハンリーダーの東堂(伊藤淳史)に会い、謎の死を遂げた元部下・桜木泉(上戸彩)の事件の真相解明をお願いした。『出来る限りのことはします。』と言い東堂は去っていった。

携帯を取り出した長嶋。電話口に出た相手にこう言った。

『お前の読みどおり資料課は表向きのものだった。で、これからどうするんだ、亀?』

【絶対零度 第8話 終】

絶対零度 第8話の感想

絶対零度シーズン3 第8話の感想です。ゲスト出演された白石麻衣さんの、ウェディングドレス姿で銃を構える姿がインパクトありまくりでしたね^^;

医大理事長という立場を利用し、息子の心臓移植のために他人を犠牲にした統一郎の父。この行為は許されるものではありませんが、『もし自分だったら…』と考えると、父親の気持ちも分からなくは無いですね…。いつ現れるか分からないドナーが目の前にいたら、最愛の息子を救うために道を踏み外してしまうかも…。なかなか考えさせられるテーマでしたね。

恋人の命を奪われたマユミ(白石麻衣)は、整形してまでその復讐を果たそうとしていました。『もともと美人なのになんで整形を!?』という謎の答えが上手く結末に結びついていましたね~。ただ何年もかけて用意周到に復讐計画を練っていたのに、最後に銃の弾の確認をしていなかったのはツメが甘かったですが…orz

婚約者の統一郎はマユミの復讐に気付いており、自ら罰を受けようと命を差し出す覚悟をしていました。統一郎は何も悪くないのに、この潔さはイケメンすぎます(*´艸`*) マユミの幸せのために命を捧げたいという気持ちは分かりますが、できれば犠牲になった幸太の事も考えて、これからの人生を与えられた命に感謝しながら送ってほしいな~と思います。マユミとともに…。

白い巨塔

さて、絶対零度第8話で僕が一番テンション上がったのは『井沢が外科医に扮して病院に潜入したシーン』でした。

井沢は『石川医大から来た菊田』と名乗っていましたが、実はこれ、あの名作ドラマ『白い巨塔』で沢村一樹さんが演じた『石川大学の菊川助教授』のオマージュだったんです。

【白い巨塔 菊川助教授とは?】

白い巨塔の主役・財前五郎(唐沢寿明)が教授選挙に出馬した時のライバルとして登場。選挙には敗れたが、選挙を妨害しにきた財前の部下を一喝するなど知的さと男らしさが同居するナイスガイだった。

白い巨塔マニアの僕としてはよだれダダ漏れもれ的なシーンでした(^q^) 沢村一致さんは医者役がほんとハマりますね~。

亀は生きていた?

絶対零度シーズン1とシーズン2で桜木泉(上戸彩)の上司として登場した長嶋(北大路欣也)が、まさかのシーズン3での再登場を果たしました!相変わらず健康志向な紙パックジュース飲んでましたね(笑)禁煙は成功したのかな…?

『お前の読みどおり資料課は表向きのものだった。で、これからどうするんだ、亀?』

長嶋は過去作で桜木の事をたびたび「カメ」と呼んでいましたが、今回ラストの電話の相手は桜木だったのでしょうか…!?やはり桜木は生きている…?

ベトナムで死を偽装した桜木の真の目的は、ミハンの存在を明らかにし、その技術を利用して誰かを捕まえようとしているのかも知れません。今回長嶋が東堂や井沢と接触したのも、ミハンが本当に存在するのかを確かめるためだったようですし…。

いよいよ物語はクライマックスへ突入!桜木泉の登場も近いのでは?盛り上がってきましたね~(≧∇≦)/

以上 絶対零度シーズン3第8話のネタバレあらすじ感想でした♪

絶対零度 白石麻衣

「絶対零度」シーズン3第8のゲスト・白石麻衣さんの情報です。

生年月日:1992年8月20日
年齢:26歳
出身:群馬県
血液型:A型
身長:162 cm
靴のサイズ:23cm
所属:乃木坂46

趣味:歌、料理、ショッピング、100円玉集め
特技:ソフトボール、フラフープ、料理

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/白石麻衣

主な出演作:『やれたかも委員会』『初森ベマーズ』『闇金ウシジマくん Part3(映画)』など多数。

絶対零度 関連記事

『絶対零度』シリーズの関連記事をご紹介♪

絶対零度の視聴率をチェック♪

ドラマのネタバレ感想 関連記事

2018年夏ドラマのネタバレあらすじや感想♪

綾瀬はるか主演ドラマ!義母と娘のブルース 笑って泣ける原作漫画ネタバレと結末

波瑠主演の爆笑婚活ドラマ!サバイバル・ウェディング 原作小説ネタバレと最終話の結末

ヒモメン 原作のストーリーとコミック最新巻ネタバレ

『dele ディーリー』結末あらすじと黒幕ネタバレ

グッドドクター 原作のストーリー

スポンサーリンク